元職業エンジニアの生き方

これまでとこれからを考えるための備忘録

PythonからツイッターAPIを使って投稿してみました

宮本です。 Twitterコチラ

はじめに

RSS記事などを自動取得出来たのでそれを自動ツイートさせる為に、PythonからツイッターAPIを使って投稿テストしたので備忘録

仕様

  1. ツイッターから自分のアクセスキーなど取得
  2. ツイッターTwitter)公式APIを利用して自動で投稿

環境的なあれこれ

実装

python:tweet.py


#!/usr/bin/
# -*- coding: utf-8 -*-

from requests_oauthlib import OAuth1Session

Customer_Key    = 'ご自身のカスタマーキー'
Customer_Secret = 'ご自身のカスタマーシークレット'
Access_Token    = 'ご自身のトークン'
Access_Secret   = 'ご自身のトークンシークレット'

msg = 'これはツイッターAPIテストで送信しています!'
url = 'https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json'
params = {'status' : msg}

twitter = OAuth1Session(Customer_Key, Customer_Secret, Access_Token, Access_Secret)
req = twitter.post(url, params = params)

if req.status_code != 200:
    print ("API Error: %d" % res.status_code)

結果

これ自体は固定文での投稿なので、あまり実務的ではないです。

これを利用して下記のRSSからニュースを自動取得したものを投稿するプログラムを作成しています。

投稿が成功すれば何も出力されず、失敗したらエラーメッセージがでます。

外部リンク

TABIREKI - 様々なツールやデータ一覧を公開