読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元職業エンジニアの生き方

これまでとこれからを考えるための備忘録

リクルートが無償提供してるAI・機械学習のAPIを叩いてみた(Image Influence モデル画像作成編)

こんばんは。

元職業エンジニア・プログラマの人工知能と未来の道楽日記

前回に引き続き、リクルート提供のAI・機械学習APIである「A3RT」を触りました。

 

今回は「Image Influence」。

 

前回と違うのは、自分の画像をモデルとして設定して、その画像から対象画像の認知点数を出すことをしていきます。

 

そのモデル画像の設定です。


さっそく。

モデル画像はこちらにします。

f:id:adweallab:20170502212657j:plain×その他500個程度の画像

フリー画像ありがたい!

 

実行自体は簡単で、

本家サイトの「Image Influence」サイトからAPIキーを発行

②モデル画像&調べたい画像をサーバーにセット(モデル画像はZIPファイルで)

API実行 - アップロードURL取得

curl -X GET https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/image_influence/v1/get_upload_url?apikey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

環境変数セット

export UPLOAD_LOCATION='③で得られるURL'

API実行 - 画像のアップロードURL取得

curl -D - -X PUT --upload-file ./XXXXX.zip $UPLOAD_LOCATION

※画像は、ZIPファイルで中にJPG画像が入っている状態です。

※画像は複数設定しなければならず500枚以上1000枚未満w。

API実行 - モデル画像のリクエス

curl -X GET https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/image_influence/v1/order_model?apikey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

API実行 - モデル画像のリクエス

curl -X GET https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/image_influence/v1/status_model?apikey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

※messageが、「wait」から「done」なればOK

 

終わらないのでマニュアル見ると、5時間かかると

 

それとアップロードする画像ファイルには色々と制約があるので注意してください!

マニュアルはこちら

 

ちょっと長めですが、モデル設定はこれでいけるようです。

画像の用意たいへんじゃない?

 

それでは。

 


元職業プログラマ・エンジニアのMiyamoto

地域、クラウドファンディング、都市伝説、AI、人工知能、宇宙に興味があります。

Twitterやっているので宜しくお願い致します。

twitter.com